社会保険労務士

第53回(2021年度)社会保険労務士試験の解答速報!


令和三年、第53回社会保険労務士試験が8月22日(日)に実施されました!今年度は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で例年よりも厳しい受験になったかと思います。まずは受験されたみなさま、本当にお疲れ様でございます。

今年度の受験申込者は現時点では発表されていません。新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあり、罹患者への受験料返還などもあるので集計できないのかと予想されます。また、受験料も15000円にアップしたことでどの程度受験者数に影響があるかは分かりません。

試験が終わって束の間ではありますが、第53回(令和三年度)社会保険労務士試験の解答速報が各社からアップされましたのでご紹介します。

なお、速報の解答についてはあくまで予想です。正式な合否に関しては合格発表までお待ちください。合格発表は、令和3年10月29日(金)となっております。

「おすすめ社労士通信講座は?人気学校・講座の評判と費用を比較まとめ!」はこちら

第53回(令和三年度)社会保険労務士試験 解答

選択式

◆問1 労働基準法及び労働安全衛生法
ABCDE
 1811 14103
◆問2 労働者災害補償保険法
ABCDE
20131063
◆問3 雇用保険法
ABCDE
 4 1
◆問4 労務管理その他の労働に関する一般常識
ABCDE
◆問5 社会保険に関する一般常識
ABCDE
11101841
◆問6 健康保険法
ABCDE
16111036
◆問7 厚生年金保険法
ABCDE
2611149
◆問8 国民年金法
ABCDE
11163820

全体的には難しめのレベルであったのではないかと思われます。要因としては「労働基準法及び労働安全衛生法」「雇用保険法」がやや難しいレベルであったこと。また「労務管理その他の労働に関する一般常識」が難しいレベルであったことが言えます。

逆に「社会保険」「健康保険法」「厚生年金保険法」は易しめのレベルであり、「国民年金法」に関しても易しいレベルであったと言えます。難易度はやや高く思えるものの、基本事項をしっかりと学んでおけば何とか正解には届くレベルではあったのではないかと思われます。

択一式

◆労働基準法及び労働安全衛生法
問1問2問3問4問5
EACEA
問6問7問8問9問10
BEEDC
◆労働者災害補償保険法
問1問2問3問4問5
BCDDA
問6問7問8問9問10
AEDCC
◆雇用保険法
問1問2問3問4問5
DAEBB
問6問7問8問9問10
EAEEC
◆労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識
問1問2問3問4問5
BCBCD
問6問7問8問9問10
ACDAE
◆健康保険法
問1問2問3問4問5
BDECA
問6問7問8問9問10
BDAEB
◆厚生年金保険法
問1問2問3問4問5
CEABE
問6問7問8問9問10
DDEBD
◆国民年金法
問1問2問3問4問5
BEABC
問6問7問8問9問10
BAECB

まず、問題冊子のページ数が68頁とかなり多く時間配分に苦戦した方がおおいと思います。各科目についてですが、「労働基準法」と「労働安全衛生法」については比較的易しかったと思います。

「労働保険徴収法」「雇用保険法」も同様、レベル的には高くなく満点とは言わずともしっかり得点しておきたいところです。「労務管理その他の労働に関する一般常識」は厳しい問題もありましたが2問は正解しておきたいところ。ここまではしっかりと学習していればこなせるところだったのではないかと思います。

逆に「社会保険に関する一般常識」「健康保険法」は消去法で最後に迷うパターンになりがちな問題が多く、得点しづらい問題だったと思います。「厚生年金保険法」「国民年金法」は基本がしっかりできていれば解けるレベルではありますが、時間配分的に焦ってミスするパターンになりがち。時間配分をしっかり調整し落ち着いて向き合えば標準以上は得点できたのではないかと思います。

解答速報 参考サイト

8月22日夕方ごろから各社の解答速報が随時公開されていきますので、各社公式サイトを以下でまとめておきます。

2021年度試験の終わりは、2022年度試験の始まりとも言えます。
社労士資格勉強を始めるにはベストなタイミングです。2022年合格を目指して学習を始められる方で、講座選びでお悩みの方は本サイトで講座比較をしておりますので、ぜひチェックしてみてください!

「おすすめ社労士通信講座は?人気学校・講座の評判と費用を比較まとめ!」はこちら

コメントは受け付けていません。

ニチェのおすすめ社労士通信講座ベスト3

フォーサイト

フォーサイトの講座で使用している教材は、図表を多く取り入れた視覚的に分かりやすいフルカラーテキスト、専用スタジオで収録している通信講座専用のハイビジョン講義DVDなど、他の通信講座と比べてクオリティの点においては一番の教材だと言えます。
また、講座価格に関しても基礎講座+過去問講座のセットで余裕の10万円以下となっており、社会保険労務士の通信講座の中では最安水準となっております。
法律系資格を初めて受験される方や安い価格で講座を探されている方にはまさにバッチリな通信講座ですね^^

クレアール

クレアールの通信講座は、社会保険労務士試験の出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストや過去20年間分の過去問を分析して構成された「分野別完全過去問題集」など、とにかく『合格必要得点範囲』を徹底的に抑えることに特化した通信講座となってます!
動画講義については社労士受験界では実力派講師として有名な北村庄吾講師と斎藤正美講師のお二人が担当されているので、講座のクオリティに関しても折り紙つきです。
お得な割引制度も充実してますので、なるべく安い価格で講座を探されてる方にも十分範囲内だと言えますね。

スタディング

スタディングの社会保険労務士講座と言えば、「短期間で合格した人々の勉強法を徹底的に研究し開発されたオンライン講座」が特徴です。

動画講義、テキスト、過去問集、答練・模試まで全ての対策がスマホひとつで完結。ですので、忙しい方でも効率的に勉強ができるように、スキマ時間を活かした学習に最適化されています。

特徴的なのは、社労士試験問題過去50年分の出題実績というエビデンスに基づいて構築されたカリキュラムです。合格に必要な知識・情報を見極めて必要十分にして最小限のカリキュラムを提供しています。